2008年01月30日

犬生2度目のピンチ

今日、ももさんにとって、人生犬生2度目のピンチに遭いました。


昼より、飼い主のランチに付き合い、その後も飼い主のバーゲンに付き合い…、ももさんにとっては、退屈な1日。


そんな退屈なスケジュールでも、文句を言えずに言わずについて来てくれたご褒美に、夕方日が沈む前に散歩へ行きました。


勿論、行き先はお気にの公園。


テンションもで、公園へ入ると、ご近所のワンちゃんがフリーでボール遊びしてました。


私たちの存在に気が付いた飼い主さんは、ワンちゃんのリードを持ち、遠くから互いに『こんにちわ〜』とご挨拶。


その後、ワンちゃんのボールが公園の隅のほうにコロコロ〜と行ってしまい、飼い主さんリードを手離し、取りに行きました。


手の離れたワンちゃんは、ももさんの所へ来て、お尻をかいだ後、ガブリッ


ももさん泣くわ泣くわで、私もヒャーーーで…。


ワンちゃんは、ももさんの上に乗るような形で首元あたりにしがみつき、私がリードを引ぱっても離れず…。


遠くから、ワンちゃんの飼い主さんが走ってきてくれたところで、やっと離す事ができました。


抱っこしても、暫く泣き続けていたももさん


それでも、公園を出て道路に出たら下がっていた尻尾も徐々にを向き、別の公園まで楽しそうにお散歩ができたので、‘大丈夫だね’なんて思って家に帰ったら…。


(◯Дo;ノ)ノヒャ〜 耳から血がタラタラ〜…。


そして私のダウンジャケットにも、血がぁ〜…。


暗くなって来ていたので家に着くまで気が付きませんでした。


とりあえず、急いで病院へ。


獣医さん:『耳は裂けてないね、すぐに来てくれて良かった。洗浄と抗生剤の注射するね。毛はカット…しなくても大丈夫そうだね。』


と手早く処置をしてくださいました。


‘噛みの程度によっては耳が裂けるのか!?’‘せっかくのアフロがぁ〜’なんてビビリながら、とりあえず、体に穴とかあかなくって命に別状なく良かったと思いました。


それに、耳も裂けなくて良かった。


その後は、家に帰っても暫らく血がとまらず、違和感があるのか暫らく耳をブンブン振っておりました。


夕飯もしっかり食べたし、とりあえずは大丈夫そうです。


P1040339.JPG ←2a程度の噛み傷ですみました



そのワンちゃんとは、小さな頃から面識があり、そのときは互いに大丈夫だったんです。でも、数ヶ月前会った時に、実は上に乗られ服をガブリッとやられました。


昔は大丈夫だったのに、ももさん嫌われちゃったのかな?


次に会う時は、飼い主互いに気をつけないといけませんね。


それにしても、最近少しずつ他のワンちゃんと交流を持つ事ができていたので、ワンちゃん嫌いにならなければ良いけれど…、となんだか心配です。


P1040337.JPG 『オラ、負傷中です。。。』








ニックネーム momomama at 23:34| Comment(11) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする